iPadProに搭載されているLiDARスキャナを使って、ファブテラスいわてを3Dモデル化してみた

こんにちは、ファブテラスいわてスタッフの高橋です。

LiDARスキャナは、iPad ProやiPhone 12 Pro / Pro Maxに搭載されており、光で距離を測定する技術のことで、物体を3Dモデル化できます。

今回はそんな技術を使って、ファブテラスいわての施設を3Dスキャンし、実際にプリントしてみました。

使用するアプリはこちらです

3D Scanner App

こちらのアプリを使って、3Dスキャンしていきます。

3Dスキャンの様子はこちら

はたから見たら間抜けな光景ですね…笑

スキャンされたデータがこちらです

綺麗にモデル化できていますね。モデルの切り抜きもこのアプリだけで出来ます。

では、次にFusion360を使ってこのモデルを修正していきます。

土台や中身の充填率を上げて完成したものがこちらになります。

実物と何ら変わりないモデルが出来上がりました。

最後に、このモデルを3Dプリンタで印刷してみました。サポートがついているので、外せば完成になります。

いかがだったでしょうか。

身近にある、iPhoneやiPadでも3Dスキャンが可能なのは驚きですよね。

高額な3Dスキャナを購入する必要性がなくなりますので、LiDARスキャナが搭載されているapple製品をお持ちの方は是非使ってみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

前の記事

ロゴ刺繍