trotec Speedy100(レーザー加工機)を使ってオリジナルカーステッカーを作ってみた

ファブテラスいわてスタッフの高橋です。今回は、車に貼ることができるステッカーが欲しかったので、レーザー加工機を使って自作してみました

用意したものはこちら

シードプロ カッティング用シート マット

レーザー加工機では、表面がツルツルしている素材はレーザーが反射してしまい上手く加工ができないので、可能な限りマットな素材を選びましょう

加工に使う機器はこちら

ファブテラスいわてにある、trotec Speedy100を使います

では、データ作成に移っていきます

今回はこのUNISON SQUARE GARDENのロゴを、Adobe Illustratorのペンツールでパスを取り、カットしていきます

ロゴの縁をペンツールでなぞっていき、無事にデータを作成することができました

(カットをする場合、複雑なものはパスを取るのが難しいため注意してください)

では実際にカッティングをしていきたいと思います

今回のパラメーターはこちら。ステッカーが剥がれるくらいのパワー・スピードで問題ないので、驚くほど早いです

過去一番早かったカットパラメーター

ということで完成しました。実際に貼ってみるとこんな感じになります

とても強力なステッカーなので、雨などが降っても問題ないです

今回はカットのみでしたが、パラメーターを上手く調整することで彫刻とカットの両方をすることもできます

ギリギリ剥がれないぐらいの彫刻イメージ

自分の作りたいステッカーを自作することができれば、お金も浮きますし、サイズ感やアレンジも加えることができます

是非その際にファブテラスいわてをご利用ください(利用料無料です)

その他にもUNISON SQUARE GARDEN関連の記事も投稿していますので、是非ご覧になってください

では、また。